集客project

集客をするためのサービスをする時期

企業が店などを経営しているときには、商品を販売するだけでなくサービスも提供するというやり方をすることがあります。
サービスを付随させるもしくは独立した形のものを与えることで、集客を行って利益を稼いでいくのです。
このとき、独立した形においてはそれを提供する時期を色々と設定することが可能となります。
供給する時期に関しては、春と夏と冬とその他の大型連休に実施をするということを考えることができます。
夏と冬に関しては、ボーナスの時期に合わせるようにして春は新しい生活を始める時と捉えることが可能です。
大型連休に関しては、家族連れなどが外出する機会と見なすことができるのです。
時期を設定することによって、その時の状況に対応した内容を考案することができるのです。
同時に、その時期限定ということを強調することで特別な感じを出すということもできるようになります。
それゆえ、集客をするためのサービスを提供するときには上記のような手法を選択肢として保有することができるのです。

集客の極意はサービスにあった

不景気になってからというもの、集客に関しては、どこの店舗やどこの業種でも、苦しんでいます。
資本力のある大手がきれいな店舗を乱立して根こそぎお客様を奪っていきます。
商品の魅力や価格によって人を集めるということが困難な時代になってきました。
おまけにネットによる購買が進み、店舗にわざわざ出向いて買い物をするという顧客も減りいつつあります。
そこで集客の決め手となるのが、実はサービスによるものです。
笑顔で誠実に丁寧に接客することで、リピーターを生み、そして顧客のハートをつかんだままにしておけるのです。
ネットで買い物をする人たちに、少ない機会で店舗で人と接しながら買い物をするよさを伝えなければいけませんので、満面の笑みでお客さまに接するのが、極意といえます。
こうして得た口コミでの集客は、数は多くはないものの、強いですから、お客さまが離れていくことがありません。
表面的に数だけ集める一元さんの集客方法もあるとは思いますが、サービスによる接客が今の時代、強さで勝つ方法になってくるでしょう。
サービスにもいろいろとありますので、笑顔だけではなく、そうじ、丁寧な説明、ポップの工夫など、店舗に足を運んでもらったお客様はがっちりつかんでおくという対応をしていくと良いでしょう。
いわばマンパワーです。
なかなかできるものではありませんが、これががっちり決まれば、行列さえできるような強みになることは間違いありません。

recommend

格安スマホ ランキング
http://www.royalfamilyrecords.com/ranking

Last update:2016/5/17