集客project

最小限の労力で集客力を上げる

集客とは書いて字のごとく客を集めることですが、単純に言葉通りの解釈をしてしまうとサービス提供者が地道に呼びかけを行い、ひとりひとり客を集めてくることのように受け取られてしまいます。
しかし、それではビジネスを成り立たせる集客は見込めません。
大切なことは人を集めることではなく、人が人を呼ぶシステムを構築することです。
提供するサービスが魅力的で絶対的自信のあるものでなければならないのは大前提ですが、そこをクリアしたうえでの人を集めるコツを考察していきましょう。
たとえば手当たり次第に声をかけてもそれは労力と時間の無駄遣いで終わってしまいがちです。
ポイントは人脈の広い人間をひとりずつピックアップし、そういう人たちに商品をすすめることです。
自分自身に人脈がなくても、100人の人脈を持った一人を顧客にすることができれば、その100人もターゲットに入れることができるのです。
また、商品の開発者やメーカーの社員が自社のサービスを奨めるのは当たり前のことで、ユーザーが警戒してしまいます。
会社とは一切関係のない友人や家族の口コミ情報ほど本物だと感じる人の方が圧倒的多数です。
口コミの司令塔として価値のある人を中心に、宣伝を進めていくことが集客のコツと言えるでしょう。

どうしたら集客に成功するか

どのようなビジネスでもお客様の関心が集まるのがいいわけで、その意味では展示会やイベント、新商品発表会などのときに、どのくらい集客できるかというのは大きな関心事項です。
したがって、そのような催し物を行うとき、主催者はダイレクトメールやインターネット案内、電社のつり革広告、場合によるとダイレクトコールなどをしてでも人を集めようと躍起になるわけです。
確かに、人が集まるというのは、正比例までいかなくても、商品の売り上げと連動する点があるので、いやでも注力するわけで、これは、ビジネスに限らず、たとえば選挙の演説でも票に結びつく確率というのは高くなるので、力を入れるというわけです。
でも、なんでもかんでもと、人を集めるためにさまざまな手を、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる式で打っても、お金や手間暇がかかるだけで、効率効果はタガが知れています。
選挙は別として、ノベリティやお土産品を用意しても、期待通りの効果が上がるとは限りません。
どうすればいいかというと、お客様が何を期待しているかを分析し、それに対応するのが早道で、それがなければ集客はおぼつかないのです。
自分にとって有益な情報があるとか、他人よりもいち早く新商品を入手できるとか、特別なメリットがあるとか、行けば気持ちがすっきりするとか、とにかくお客様の期待に応えるのが、一番であり、前提条件となります。

注目サイト

フォトスタジオ 愛知
https://www.happilyphoto.jp/open/kanayama/
ソファーベッド
http://www.sofabed-tsuhan.com/
浅草 人力車
http://www.jinrikisha-matukaze.com/
巻き爪 東京
http://ishiidotown.com/makitume/
オーストラリア ワーホリ
http://www.ryugakuadvice.com/
佐鳴予備校
https://www.facebook.com/sanastafan/
Web制作 大阪
http://cyber-n2.jp/
ウッドデッキ
http://nasan.jp/

Last update:2016/8/24